ヨーロッパ旅行

【実体験・口コミ】ザキントス島おすすめツアー観光5選

 

ギリシャのザキントス島に行ってきました!

ザキントス・ナヴァイオビーチ

 

ギリシャ旅行の名所・ナヴァイオビーチツアーにも参加!

その他にもたくさんのアクティビティ・名所が楽しめて、
予想していたよりも充実した旅になりました。

ここでは、
わたしが実際、ザキントス島で訪れてみた観光・場所をまとめてみました。

ザキントス島ってどういうところ?

ザキントス島は、ギリシャの西側にある人口16000人しかいない小さな島。
のどかな空気流れる海がキレイな観光地です。

ナヴァイオビーチや青の洞窟など、隠れ名所がたくさんあり
イギリスやフランスなど、ヨーロッパ各国からの観光客に人気のリゾート地。

ザキントス島に滞在するならラガナスがオススメ!

ラガナスは、首都ザキントスから南に下ったところにある都市でリゾート地。
ビーチ沿いに、たくさんのお店が連なっていて観光客も多くにぎわいのある街です。

雰囲気としては沖縄の那覇市に似てるかな。なんとなく。

立地条件が良いラガナス

ラガナスは、リゾート地で観光客も多い場所なのですが、
人気の秘密は立地の良さにもあります。

  • ザキントス空港から車で10分
  • ザンテ(ザキントス島の首都) フェリー乗り場から車で15分
  • ビーチまで徒歩5分以内で行けるホテルがたくさんある

ザキントス島に旅行に行くなら、首都のザキントスも良いですが
空港からも有名観光地からも近いラガナスは滞在地にオススメです。

ホテルが多いザキントス島の都市
  1. ザキントス(281軒)
  2. ラガナス(225軒)
  3. チィリヴィ(133軒)
  4. カラマキ(80軒)

 

画像の説明文

ラガナスビーチ
ラガナスのメインストリートにつながる細長いビーチ。
海水が暖かくてどこまで行っても浅く波がゆるやかなので、大人はもちろん子供にも楽しめる海水浴場です。
ビーチに沿って浜辺にたくさんのバーやレストランが夜遅くまで営業しているが、メインストリートと違って落ち着いた雰囲気で夜の海の波音も良い感じでした🥰

ラガナスのいいところと注意点

メリット
  • 立地が良い
    スーパー・ビーチ・レストラン・ギフトショップがホテルの近く(徒歩圏内)にあるので快適。
    ビーチから一番遠いホテルでも車で約5分。
  • ザキントス空港から近い 車で10分。
  • スーパーマーケット・レストランが遅くまで営業している。
  • 当日予約できるツアーも多い・観光地から近い。
注意点
  • 夜まで賑やかな街なので、
    ゆっくり過ごしたい人・お子さん連れの人、は中心街から離れたホテルがオススメ。

\ラガナスのホテルを見てみる/

ザキントス島・ナヴァイオビーチツアー

オススメ度

ギリシャの人気観光地スポット
断崖絶壁に囲まれた小さなビーチです。
ジブリ映画「紅の豚」の主人公ポルコの隠れ家のモデルにもなったプライベートビーチ。
ザキントスに来たなら絶対行ってほしい場所。

ナヴァイオビーチ・ツアーは2種類ある

展望台からビーチを見下ろす方法と、ビーチに直接船で行く方法があります。

私たちは、直接ビーチに行くツアーをチョイス。

8月の頭のシーズンまっさだなか・しかも一番多い時間帯に行ったので
ビーチは激混みでした🤯人、人、人…

満喫したいなら9月がオススメ。9月上旬はまだまだ暖かい。
シーズン外していったほうが楽しめます。(写真左参照)

ナヴァイオ・ビーチの様子

まわりは断崖絶壁。

ナヴァイオビーチの砂浜は細かい砂利だった

撮影・あみん浜辺は砂浜というより細かい石がジャリのようになっていて、
キレイなんだけど歩く時に足を取られます。
そして、ビーサン履かないと熱くて痛いです!😫
ビーサンよりもこういったシューズ型のサンダルのほうが楽だと思います。

ビーサンは海の中に履いて泳げないし、こういうのがあると便利です。

ナヴァイオビーチの深くて冷たい水

撮影・あみん

浅瀬で足がつくところでもジャリに足を取られて沈んでしまうので、
注意して泳いでください。

浅瀬でもけっこう水深があるビーチ。
深いところで泳げない私は浅瀬ばかりにいました😅

海の水は、キレイだけど本当に冷たかった!
暖かいラガナスのビーチに慣れていたので、特に冷たく感じました。
シーズンを外していくのなら、ウエットスーツがあってもいいかもしれません。

ナヴァイオ・ビーチツアーの料金・予約方法

ツアーを予約するには、日本で予約していくか現地で予約する方法があります。

ナヴァイオ・ビーチツアーを現地で予約する

代理店と英語で交渉できるのであれば、
ツアー料金も極力抑えられて格安で観光できるので
個人でツアーを組むことをオススメします。

現地の即席ツアーの平均料金 1人当たり50〜70ユーロ

ツアー内容の例

例① 参加者15人くらい

  • STEP1
    ナヴァイオ・ビーチ観光、遊泳

    • バス・フェリーにてナヴァイオビーチへ。ビーチでの滞在時間1時間
  • STEP2
    2カ所のシークレットビーチに寄り道

    • ナヴァイオビーチの帰りに、フェリーで他のシークレットビーチにて遊泳
      滞在時間1箇所あたり 30分
  • STEP3
    世界一古いオリーブの木観光

    • 帰りのバスで、オリーブの木観光
      この場所でしか買えないオリーブオイルなどのお土産も購入可

例② 参加者6・7名

  • STEP1
    ナヴァイオ・ビーチ観光・遊泳
    • バス(バン)・フェリーにてナヴァイオビーチへ。滞在時間1時間
  • STEP2
    青い洞窟観光
    • 有名観光名所・青の洞窟に寄り道 滞在時間40〜1時間
  • STEP3
    ナヴァイオビーチが見れる展望台
    • ナヴァイオビーチが一望できる丘まで車移動。滞在時間30分〜

現地ギリシャで紹介されてるツアーは、他の観光地にも連れて行ってくれるツアーが多いです。
ツアー内容によって、料金は変わってきます。

私が実際に行ったツアーの1日の流れを「ナヴァイオ・ビーチツアーに行ってきた!」にまとめてます。こちらも参考にどうぞ😀

ナヴァイオビーチツアーを日本で予約してから行く

日本語で予約できて、現地ではツアーに参加するだけなので楽チン、
手っ取り早く確実に予約できる方法。

日本からツアーを申し込む場合の一例

  • H.I.S
    ホテル代(朝食のみ)+航空券+ツアー込み8日間
    ツアー内容(ビーチ・展望台ツアーかどちらか一カ所)
    1人あたり 約20〜30万円前後 
  • トリップアドバイザー
    ツアーのみ
    ツアー内容(ビーチ・青の洞窟・展望台・その他観光名所 全て込み)
    1人あたり 約14,000円前後(シーズン中)

あみん調べ

現地でのツアーのように、ナヴァイオビーチと他の観光名所を巡るツアーだったりナヴァイオビーチだけに行くツアーと、さまざまです。

ツアーもホテルも飛行機も自分でアレンジできる!
タウンライフがオススメ】

タウンライフとは、
たくさんの旅行会社のプランを一括して無料検索できる便利なサイトです。

たくさんの旅行会社のプランを一度に比較したい
旅行のスケジュールを組む時間がない
旅行会社を直接訪れる時間がない
もっと自分の要望にそった旅行を楽しみたい

という人にオススメ。

ネットで旅行先・行きたい都市・出発予定日・日数・人数・予算・細かな要望を入力するだけで、希望に応じたプランを無料でいくつか見積もってくれます。

  • ネットだけで見積もりが出来る
  • 完全無料・営業なし
  • キャンセル料なし

手軽で簡単に旅行プランの見積もりが立てられます。

提案されたプランの中で、気に入ったものがあれば
そこから更に担当者に細かい要望を伝え変更することも可能です。
もし、要望に合うものが無なかったとしてもキャンセル料は発生しません。

ナヴァイオビーチツアーに行く際の注意点

実際にナヴァイオビーチに行ってみて気付いた、注意すべき点。

  • ナヴァイオビーチに食料はないので、用意していこう
  • ナヴァイオビーチにはトイレがない
  • 海水は本当に冷たくて水深があるので小さなお子さんは注意

実際は、現地のギリシャ人がビーチで食料品を売ってました。
炎天下の中、ドーナツ・サンドイッチの軽食・ジュース等…

こんな感じ・食料品を売る女性

ですが…真夏に行くのであれば、買わないほうが賢明です。。

ツアーは短くても1時間以上を要します。
軽食・飲み物は持っていったほうがいいです。
ナヴァイオビーチに行くための小さなフェリー乗り場で売店があるのでそこで買うかホテルの近くで買っていくといいです。

トイレももちろんナヴァイオビーチにはありません。
途中のフェリー乗り場で済ませておくべき。

ナヴァイオビーチツアーに持っていくと便利なもの

保冷バッグギリシャは暑いので、
食料品・飲み物を冷やしておける小さなバッグがあると便利。
レジャー用浮き輪ツアーによっては違うシークレットビーチにも行くし、
深いところで泳ぐのが苦手な人は持っていったほうが楽しめる。
マリンシューズナヴァイオビーチと周辺のビーチは全て砂利&岩のある浜辺だったので、必需品。
防水機能のデジカメどうせ行くなら写真に収めたい!持っていって重宝しました。
ウエットスーツ夏のシーズンに行くならいらないけど、
9月からは気温が下がるのと海の水がめっちゃ冷たいので。

その他のザキントス島・オススメツアー

ザキントス島・タートル・スポットクルーズ

オススメ度

ザキントスビーチ周辺で有名なアクティビティのひとつ。
その名の通り、小さなクルーザーでタートルが出現するエリアへ行きます。
けっこうな確率で毎回タートルが見れるそう🐢💕

《ツアー料金・予約方法》

1人あたり30ユーロ(約3,800円)前後

現地でもたくさんのツアー代理店がオススメしてます。
現地に着いてからも予約は可能。

日本からはトリップアドバイザーで予約できます。

トリップアドバイザーで見てみる

世界で一番古いギリシャのオリーブの木

オススメ度


ギリシャがオリーブの名産地
であること、知っていますか?

実はザキントスには世界最古のオリーブの木があるんです!
なんと樹齢700年…! 700年て…オリーブの仙人いてもおかしくないレベル😆

世界で一番古いオリーブの木 撮影・あみん

ザキントスの隠れ名所…なので、ツアーと言ったツアーがあまりありません。
滞在先からタクシーかレンタカーで現地まで行く方法になります。
ラガナスからだと車で30分弱で到着。 ザキントスからだと車で1時間弱。



調べてみたらこちらもトリップアドバイザーで紹介されてました。

オリーブの木の近くには幾つかお土産やさんがあり、
樹齢700年のオリーブから取れたオリーブオイルや
自家製のハチミツなど、ここでしか買えないオーガニック商品があります。

行く途中、ギリシャの町並みを見るだけでも楽しめる
知る人ぞ知るツアーでした。

ザキントス島・ラガナスのカメオ島

オススメ度

撮影・あみん

ラガナスビーチから歩いて15分ほどで行ける小さな小島。
雰囲気が素敵な小島です。

この島、なんでも国所有のものではなく個人の所有者がいるそうです。
島を見て回るには入場料がかかるらしく(1人約5ユーロ)
カフェもあって景色を見ながら
軽食やドリンクが楽しめます。

出典・トリップアドバイザーより

夜のライトアップもムーディーで良い雰囲気でした!

ただひとつだけ問題があって、
私たちが訪れた当時は、島の中に一切観光客が入れませんでした😔

領主側の意見は「不可抗力で…」と書かれてましたが😅

出典・トリップアドバイザーより

近くでツアー営業してたお姉さんに理由を聞いてみたら
島所有に関しての書類が管理地区に一部提出されてなかったとかどうとか😅
真相は分かりませんが、訪れてみて島に入れたらラッキーです。

島に入れなくても、
オーソドックスキリスト教の
面白い教会が近くにあったり
探策してみるだけでも面白かったです。

ソルスティス教会 撮影・あみん  小島につながるザキントスの先端の浜辺にあります。 こどもが岩にのぼって遊んでた。

ザキントス島・大型海水浴場 バナナ・ビーチ

オススメ度

撮影・あみん

ザキントス島にはたくさんのビーチがありますが、その中でもバナナビーチは大型海水浴場のひとつ。

バナナビーチの料金・様子

100は超えるビーチチェアが用意されており、
レストランが併設されてる大きな海水浴場です。

出典・トリップアドバイザーより

 

出典・トリップアドバイザーより

 


ビーチチェアもたくさんの種類があって、
種類によってそれぞれ利用料金が異なります。

バナナビーチの料金内容はつぎのとおり。

《バナナビーチの料金》

  • エントランス無料
  • 無料送迎バス付き
    (※レストランでドリンクまたはフードをしないと無料にならない。帰りのバスでレシートが必要になるので取っておこう。)
  • 無料wifi
  • ビーチチェア有料(種類によって料金が異なる)

エントランスは無料なのですが、ビーチチェアを使うなら有料になります。

私たちが訪れたお昼3時くらいには、もうすでに大型のビーチチェアは全部とられちゃって
一番ベーシックなタイプ(1番目の写真参照)しか残ってませんでした😢

ちなみにベーシックなオレンジのビーチチェアで
2人分(2×ビーチベッド、1×テーブル)で15ユーロでした。(2000円弱)

もちろん無料Wifi完備。
…なのですが、Wifiスポットが一カ所しかなく、近くじゃないと電波拾えません。
使えたけど、つながったり切れたりの繰り返しでした。
海外用ポケットwifiの持参をオススメします。

海は、ラガナスビーチと同じく浅瀬が続く透明度の高い海でした。
温度は冷たくもなくぬるくもなく程よい温度加減。
波が高く荒いので、それだけ要注意。

バナナビーチで使用できるアクティビティ

撮影・あみん

ビーチバレー用のスペースもあって、無料で使用できます。
私の連れはその日初対面のスペイン人チームと対戦して楽しんでました
🙂

ウォータースポーツ(バナナボート、ジェットスキー、フライボード、パラセーリング等)ができる場所としても有名で、着いたその日に枠があれば当日予約も可能だそう。

一日飽きずに楽しめますね!

バナナビーチのレストラン・カフェ

ビーチの後ろには、レストランが併設されていて
座席数も多い広々としたオシャレなレストランです。
飲み物、軽食のほか魚介料理・ギリシャ料理が楽しめます。
ちなみに値段少々高めでした😓
1ジョッキで4ユーロ(500円くらい)でした。

出典・トリップアドバイザー
出典・トリップアドバイザー

ちなみに海外で気になるトイレ情報ですがトイレもキレイでした。

とにかくバナナ・ビーチが広くてオシャレで、芝生のところにはこんなスペースも!
海水浴の後にゆっくりしてもいいですね。

出典・トリップアドバイザー

バナナ・ビーチまでの行き方

出典・トリップアドバイザー


ラガナスからは、無料送迎バスが毎日出ているのですが、
時刻表もバス停もありません。(海外雑あるある😅)
ラガナス・メインストリートの旅行代理店の人に聞けば時間を教えてくれます。

行く前日にあらかじめ聞いておいて、
時間を把握していたほうがいいです。

私たちは確認せずに当日いきなり無計画で行ったので
行きの最終バスにギリギリセーフで乗れた状態でした。
ちなみにバナナビーチからラガナスまでの最終は18時30分で、
最終なのでバスが混む傾向にあるのでご注意を!

まとめ

ギリシャのザキントス島。
ナヴァイオ・ビーチは日本でも有名ですが、その他にも見所はたくさんあります。
どこのビーチに行っても海がキレイだけでなく、
島自体がのんびりしていてゆったり過ごせます。そして人々が親切でした。
ギリシャ旅行を計画しているのなら、ぜひ一度はザキントス島訪れてみてください。
オススメします。

この記事でまとめたことをもう一度おさらい。

もっと詳しいザキントス・ラガナスについての詳細は「ギリシャ旅行に行く前に!気をつけること・準備」にまとめてるので参考にしてみてください。

あみん

たくさんの旅行会社の海外旅行プランを一括無料見積もり!
タウンライフがオススメ

タウンライフとは、
たくさんの旅行会社のプランを一括して無料検索できる便利なサイトです。

たくさんの旅行会社のプランを一度に比較したい
旅行のスケジュールを組む時間がない
旅行会社を直接訪れる時間がない
もっと自分の要望にそった旅行を楽しみたい

という人にオススメ。

ネットで旅行先・行きたい都市・出発予定日・日数・人数・予算・細かな要望を入力するだけで、希望に応じたプランをいくつか見積もってくれます。

  • ネットだけで見積もりが出来る
  • 完全無料・営業なし
  • キャンセル料なし

手軽で簡単に旅行プランの見積もりが立てられます。

提案されたプランの中で、気に入ったものがあればそこから更に担当者に細かい要望を伝え変更することも可能です。
もし、要望に合うものが無なかったとしてもキャンセル料は発生しません。