セルビア

日本人には理解できない?セルビア人のおもしろい慣習

セルビアでの生活が、早いことに4年目に入りました。

初めのうちは、「え、信じられへん。」って
カルチャーショックなことばっかりだったんですけど、
季節を3周もすると慣れてきてる自分がいます。

あみん
あみん
便座なしのトイレにも慣れたよ!
最近じゃ、大抵のことは驚かなくなったよね!
慣れって恐ろしい!(笑)
 

日本人から見るとおもしろいセルビア人の習慣。
今回は「セルビア人のおもろ変なところあるある」をまとめてみました。

「セルビア」デザインの服を着るのが好き

セルビアでは「セルビア」や「コソボ」など
セルビアの歴史がモチーフになった服を着てる人をよく見かけます。
特にセルビア人男性に多い。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#serbians_worldwide ❤

#SerbiansWorldwide 🇷🇸さん(@serbians_worldwide)がシェアした投稿 –

こんな感じ。

自分の国が大好き!ってのと、
特にセルビア人男性はセルビアに誇りを持ってる人が多いからでしょう。

もちろん旦那も持ってて、毎回「セルビアシリーズ」を買うたびに
モチーフになってるセルビアの歴史を意気ようようと話してくれる旦那(笑)

昔、起きた戦で何万人のセルビア人が国のために戦って殉職したとかコソボがどうとか。
セルビア人男性は歴史の話をするのが好きです。

旦那のワードローブ

日本では「日本」や「歴史の人物」をモチーフにしたTシャツ着てる人ってなかなか見かけませんよね😅

だから、はじめのうちは
(うわー、うちの旦那あんなの着てるよ。恥ずかしい〜)
なんて心の中で思ってたけど、
着てる人もよく見かけるし、最近は旦那が何着てても気にならなくなりました。
ペアルックは死んでもしないけど😅

クレイジーで目立ってなんぼのセルビア式結婚式

セルビアに来てビックリしたのが、セルビア人の結婚式。

基本的なセルビアの結婚式当日の流れは、

  1. 教会に行って神前・法の前で結婚の誓いをする。(サイン・指輪交換)
  2. ゲストとともに披露宴会場ひろうえんかいじょう(レストラン)にそれぞれ車で向かう。
  3. レストランでパーティを開く。

というのが簡単な流れなのですが、

まず教会から出てきた後の様子がコレ。

教会から出てきた主役をトゥルーバチ(trubaci)というバンドがお出迎え。
花嫁さんもノリノリ😆
みんな車に乗りこみレストランを目指すんですが、
レストランまでの道のりは車のクラクションを鳴らして運転するのが習慣となってます。
目立ってなんぼの結婚式!

私の結婚式もセルビアで挙げたとき、
ここまでクレイジーじゃないけど似たようなものでした😂

まだまだ続くクレイジーなセルビアの結婚式。
レストランでの様子は、下にまとめてみたよ!

祝いの席では、みんなで大声で歌い始める

セルビア人は飲むのが好きな人多いし、シャイな人は少く
人前で大声を出したり目立つこともへっちゃらな人が多い。
お酒の席では毎回、大変なことになります。

特に結婚式や友達の赤ちゃん誕生パーティでは、
おめでたいことなのでみんな、ここぞ!とばかりに飲んで音楽を楽しんで祝う。


セルビアの結婚式パーティの様子

場が盛り上がってくると、
もう、イスに行儀よく座ってることなんて出来なくて立ってその場で踊ったり
イスの上に立って両手を振りかざして歌ったり
みんなで肩を抱いてBGMに合わせて大声でセルビアの歌を熱唱するのが、
だいたいどのお酒の席で見られる光景。

ちなみにセルビアの結婚式は、
だいたいが夕方の6時頃から次の日の朝4、5時まで続きます😅
な、長い…😅
楽しい場はとことん楽しむのがセルビア式。

風通しが良い場所を怖がる

セルビアに来て、ビックリした出来事のひとつが
セルビア人は風通しがよい場所を嫌がること。

例えば、暑い日。
部屋の風通しを良くしたくて窓を開ける。
向かい側の窓も開けて「風の通り道」をつくるのって、
日本だとよく見かける何気ないことだと思っていた私。

自然の風が通ることで、クーラーよりも心地よかったりしますよね。

セルビアに来て間もない頃。
風通ししたくて、家の2ヶ所の窓を開けました。
すると、義母さんがビックリした顔をして

「あみん!プロマヤよ!窓を閉めて!」

まるで「危険!」とばかりに2つの窓を開けるのを止められたのを覚えてます。
今でも家の風の通りが良すぎると、毎回窓を閉められてしまうあみん。

プロマヤ(Promaja)とは、「風が当たる」と言う意味で使われるセルビア語。

プロマヤは室内だけで起きるそうです。
セルビア人は野外の風が強いのも嫌いますが、室内のプロマヤにはとても敏感。

その理由を聞いてみると、
風に当たることによって関節が痛くなったり体が痛くなったり、
体調不良や大きな病気にかかってしまうと言われているから。だそう。

たしかに風に当たりすぎると頭痛になることもあるし、体は冷えるけど…

根拠のないセルビア人のプロマヤに対する用心深さにはいまだにビックリします。

以前、仕事でこんな出来事がありました。
ある男性ゲストがスパを来店。

ゲスト
ゲスト
マッサージを受けたいんだけど…
あみん
あみん
かしこまりました。今日はどうされたんですか?
ゲスト
ゲスト
今朝、起きたら片側の首が痛くてまわらなくて。
あみん
あみん
心の声(あー、寝違えかな。寝た姿勢が悪かったのかな。)
ゲスト
ゲスト
きっと、プロマヤだと思うんだよね。風に当たりすぎたんだと思う。

_人人人人人人人人人_
> プロマヤ!!!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

日本だったら朝起きて首が動かないって言われたら寝ちがえを疑うんですが、

この他にも、「関節が痛い= プロマヤ」だったり
時たまプロマヤ理由のゲストの方が来られます。

セルビア人のプロマヤに対する習慣がいまだに慣れないあみんです。

終わりに

セルビアモチーフの服が大好きなセルビア人
結婚式や子供の生誕パーティなどお祝い事は200%楽しむセルビア人
風の通りみちを極端に嫌うセルビア人

経済的にはまだまだ豊かとは言えない国セルビアですが、
自国に誇りを持って
「毎日を楽しく生きる!」
イベントごとに夢中になって楽しむセルビア人がわたしは好きです。

あみん