あみん哲学

【海外生活のストレス】あなたが海外で受けるストレスの原因・理由

こんにちは。海外生活3年目のあみんです。

海外で生活しているあなた、いざ生活してみたら
「思っていたのと違った…」「海外生活、予想以上につらい…」
なんて思ってませんか?

あみんは海外生活1年目で仕事が決まり、海外生活2年目がストレスピークの一番辛い時期でした。自暴自棄、自己嫌悪、人のことが信じられない。
最近ようやくストレスを受け止めて
物事を柔軟に考えれるようになるくらい慣れてきました

あみん
あみん
ストレスは1つじゃなくてたくさんのことが重なって合わさってストレスに感じてた!


そこで今回は、海外生活3年目の私が
「海外生活がつらい原因・ストレス8選」まとめてみました。

海外生活がつらく感じる理由と原因

私が考える海外生活がつらいと感じる理由がこちら。
海外移住者のほとんどがこの理由から「海外生活って思ってたのと違った…」と
ストレスを抱え込むことが多いはず。

私の場合は特に①言葉、②食事、④国民性がストレスになっていました。

①現地の言葉が話せず孤独を感じてつらい

「言葉の壁」とよく言いますが、
壁というより、自分が透明人間になったくらいの疎外感を感じるんです。

生活する中で自分の伝えたいこと・気持ちを100%伝えられない。
みんなが何について話しているのか分からない・何で笑ってるのか理解できない。

ヨーロッパ生活を始めた当初、
私は英語もまだまだボキャブラリーが豊富ではなく(旦那もそうだった)
オブラートに包んで話すことが出来なかったあみん。
極端に「Yes」か「No」かになっちゃう表現の仕方から
お互い自分の思ってることを上手に伝えられず、
旦那とのケンカの原因になることもありました。

ジェスチャーや片言の言語で現地の人と
コミュニケーションが取れるのは短期間だけの海外旅行だからで、
例えば個人でノマドワーカーさんのように海外で一時的に生活するだけなら
日常会話を少し知ってるだけでも、生活はできちゃうでしょう。

ですが、国際結婚や移住という形で違う国で暮らすと決めて、
移住先で仕事を見つけて家族ぐるみで生活するのなら現地語話すことは必須で、
それは思ってるより簡単なものではありません。

言語習得って2、3日で話せるようになるわけもなく
地道に毎日コツコツ積み重ねていかないといけないんですよね。
その間も、会話の輪には入れないし孤独感と自己嫌悪と毎日戦いながら
忍耐と努力の積み重ね。
ある程度理解できて話せるようになると、だいぶ楽になるんですが
そこまで我慢できるか、努力できるかが重要です。

あみん
あみん
セルビアに来て初めの1週間で「現地語が話せない」ことがどれだけ大変か知ったあみん。来て3日目で旦那の前で大泣きしました。 

②食事が美味しくない・食文化になじめなくてつらい

 

きっと海外生活を経験した人全員が同じことを言うと思う。

\\日本は食べ物が美味しい!//

 

皮肉なことに海外行ってから、どれだけ食事に恵まれてたかを知りました。
そして「食事」がどれだけ大きなストレスになるのも海外に行ってから知る。

日本だと安くて美味しいものがいつでも手に入る。
コンビニの即席ものや作られたものでも充分美味しいし、
お正月・お盆イベント関係なくいつでもどこかしらの店は開いていて、
ストレスなく不満なく食料を買うことができる。

私が住むセルビアは内陸国ということもあり、海鮮物はありません。
主食が「パンと肉」と言えるくらい他の食事への選択肢が少なくて
特に私が住んでる場所は大きな都市でもないため、
もっと選択肢は狭まるか、選択肢はなくなる。
日本のように多国籍レストランなんて無数にあるはずもなくて、
食べたければ1から自分で作ることになる。
今日、疲れたから総菜屋でいっかー!なんて、そもそも総菜屋さんがない!
土日はほとんどのお店・パン屋さんでさえも閉まっているので、
気をつけないと週末は食料難民になることも。

セルビアの食事は美味しいし、野菜も果物も美味しい。
けど、やっぱり日本食が恋しくなるのはみんな同じだと思います。
毎朝、サラミとパンじゃ飽きるよね!胃が弱ってる時にはにゅうめん食べたいよね!
国によっては、濃い味付けばかりだったり海藻や魚を食べない食文化だったり
他の国の料理が食べれない環境だったり、食文化は国によって様々。

こういった「食事の習慣」にストレスを感じ、日々の生活がつらくなります。

そしてもうひとつのストレス
「便利な日常がなくなってしまったこと」
にストレスを感じたことがある人も多いはず。
今までスーパーでなんでも買えた
時間を気にせずコンビニで美味しいものがいつでも買えた
日本のようなインフラが整ってない国もまだまだ多く、
非効率に感じたりもの足りなく感じることもあります。
これがまた意外にも海外生活をつらいと感じてしまうストレスのひとつになります。
日本はなんでもあるんですよね。

あみん
あみん
セルビアでは、豚肉も鶏肉も骨付きで売ってます。豚バラも鶏モモ肉も自分でさばかなきゃいけない🍗おかげでお肉のさばき方がだいぶうまくなったよ!笑 

③人種差別を感じることがあってつらい

海外で生活していると、いろんな価値観・考え方の人がいることを改めて知ります。
自分の常識が常識じゃないんだと改めて感じます。
良い人もいますが、なかには移民を受け入れたくない人もいるし、
そもそも日本人と他のアジア人との区別がつかない人も多いです。
彼らからするとほんの冗談だったり、他愛もない質問だったりするのですが
それが意外とストレスに感じるんですよね。

海外で生活すると改めて「自分も外国人なんだな。」と身にしみて実感します。

あみんの場合

セルビアは親日国で、ロコツなヘイトにあったことはないですが、
それでも日本人が少ない国のため、まず日本人には見られません。
仕事中、ゲストにタイ人だと決めつけられタイ語で話されたり、
小学生の集団下校のグループにガン見されて指差されたり。
小学生男児に通りすがり「Hey!Chinese!」と叫ばれたり。ってなことは真面目に数えて30回以上経験してます。はじめのうちは良いんですが、10回・20回と繰り返されると明らかに引きつった顔して「日本人です!」って言ってた私。慣れるまでは本当にストレスでした。

④国民性や文化が合わなくて順応できず、つらい

日本と全く同じ国民性の国はありません。
ほとんどの国が日本と正反対の国民性や常識を持ってる
と思って海外移住したほうがいいくらい。

日本人みたいに
協調性があって公共の場では誰に言われるでもなく規律を守って
穏やかで細かいところにまで気にかける国民性。

ってのはなかなか他の国では見られません。
日本と同じ常識を期待しないほうが、楽に海外生活できます。

今まで日本で培ってきた「常識」が当たり前だと生活してきたので、
他の国でも同じことをついつい期待しちゃって
日本の「常識」と違う体験をすると非常識に感じたり、
時にすごく理不尽に感じたりするんですよね。
他の「常識」や「習慣」がストレスに感じてしまいます。
その上さらに国の国民性や文化に順応できない人もいます。

私は、生活し始めて早々と仕事を始めたので
特に仕事場で同僚の仕事のやり方が腑に落ちず毎日のようにイライラしてたし、
要領よく仕事を押し付ける同僚も感覚の違いも「なんで?」って思うことばっかりで
慣れるまで時間かかりました。

⑤新しい海外生活で友達ができなくてつらい

海外で生活すると、1から新しい生活が始まります。
コミュニティ作りも1からです。
言語の問題もあって友達がなかなかできない人もいます。
知り合いがいなく、孤独感を感じて海外生活がつらいと思う方もいるでしょう。

私も3年生活してますが、いまだに親しい友人というのはいません。
ある程度、お互いの踏み込んだ深い話が出来る子は1人ほど。
そもそも社交的ではなく出不精なのもありますが…😅
大人になってから友達をつくるのって難しいですよね。

「友達」の定義はひとそれぞれ違うし、それぞれが求める「友達との関係性」も違います。
私の場合は、普段の生活が慌ただしい分、1人ぼっちも心地よくて
1人でリラックス&リフレッシュできる時間も必要と感じているので
ボッチを楽しんでます。こっそり英語の勉強したり、ブログ書いたり🤓

⑥夫婦関係がよくなくて海外生活がつらい

結婚生活って、色んなことがあります。
日本人同士の結婚でも大なり小なり波はあれど
問題はどこの家庭にもある、と私は思ってます。

特に、相手の国で海外生活を始めた国際結婚カップルは、
今までのバックグランドも文化が違うことからの戸惑い
言語の違い・細かなニュアンスの伝え方の相違
慣れないことへの苛立ち・不安
ビザや書類関係の大変さ
価値観・優先順位の違い
などなど、数えればキリがないほどケンカの原因になることはたくさんあります。

あみん
あみん
セルビアに来て1年目はホントに細かいことで旦那と大げんかしてた!冗談抜きで結婚解消の話もしたりしなかったり…。それくらいお互い考え方も価値観もこれまでの生活も違ってたし、はじめは受け入れるのに時間がかかった!

1年目は、よく日本にいる姉にグチをこぼしてました。

国際結婚も日本人同士の結婚も同じで、
相手のことを受け入れる受容力と柔軟に受け止める努力がお互い必要だと思ってて
相手に対して感謝する気持ちと尊敬する気持ちを忘れちゃいけない。
慣れない生活で疲れるのもストレスが溜まるのも分かるけど、
それはきっと相手も同じで、相手の気持ちにたって考えることを
忘れちゃいけないなと思ってます。

⑦思っていたよりも海外生活がつまらなかった

期待に胸おどらせて海外生活を始めるが、
生活始めてみると海外生活が意外とつまらなかったってこともあります。

遊ぶところがない
友達が少なく外で遊ぶことがつまらない
興味を持てることがない
趣味がない

などなど。
娯楽に関しても、日本はずば抜けてなんでもあると思ってます。
私が住んでるような小さな街だと、ゲーセンも水族館もカラオケもないです😅

⑧生活環境がよくない・サービスや対応が悪い

日本での生活が当たり前になっていたあみん。

なので、海外生活の中での公共施設の効率の悪さ・サービス対応の遅さ
に慣れないうちは、とても不快だったしストレスになってました。

  • コピーは文房具やさんに行かないと行けない
    (コンビニがないので、自分がしたい時に出来ない&土日はお休み😫)
  • レストランやバーのトイレのドアのカギが壊れてる・便座がない
  • 郵便局で30分以上並ぶのは当たり前
  • 病院に予約の電話したら1週間後って言われて、
    時間通りに行くも病院で1時間以上待たされる
  • インターネットで買った商品が届いてみたら写真とは明らかに違うもの

などなど、日本のクオリティと比較してみるとどうしても劣ってしまう海外のサービス。
というか、日本はなんでもありすぎてキレイだし便利すぎるんですけどね。

日本での生活が慣れていればいるほど、
こういった生活環境にストレスを感じる人もいると思います。

2年、3年と海外生活を重ねる毎に慣れてきましたが、
それでももっと時短できるし効率よく出来るのになーと
公共施設やサービスに対して歯がゆく思うことも多々あります。
海外で生活するには多くの妥協と受容力が必要だな、とホントに思います。

まとめ

自分が実際感じたストレスをもとにまとめてみました。

今、海外での生活がつらいですか?
大丈夫。あなただけではないです。
私もピークで海外生活が辛かったときは、
家族以外の誰も信じられなかったし、ストレスですごく痩せたし
冗談言われた一見のお客さんに中指立てそうになったくらい(未遂)
ホント、当時は病んでたとしか良いようがない😓

けど、その経験があったから
自分の考えや常識だけが常識じゃないことを知ったし
他の人の気持ちにもっと寄り添って考えることが出来るようになったし
人の目や評価が気にならなくなったし
少しずつだけど周りに流されずに感情をコントロールできるようになった。

海外生活始めてなかったら、
出会えてなかった人たちもいて
英語をもう一度話す環境があって
セルビア語という第3の言語も習うチャンスももらえて
海外で暮らすようになって3年、心と頭が成長したと思うんです。
それって、誰でもできる経験ではありません。

そう考えると少しは救いになるかな?

辛いときは、爆発してもいいし思いっきり泣いてもいいし
心ゆるせる日本の友達や家族にたっぷり愚痴聞いてもらって
昔好きだった邦楽やアニメやTV番組ネットで見て
日本に対するヘイトツイート読んで
(海外生活も捨てたもんじゃないって思うように😄

自分のペースでゆっくり進みましょう。

それでも辛かったら、無理しないで。
日本に帰れる選択肢もあることを忘れないで。

あみん